(追記あり)気が早いけど、2022年の手帳を考える

今年は手帳は1日1ページを使っていて、あまり持ち歩いていなかったりするけれど、在宅勤務も多いので、いまのところ8割くらいはかけていて気に入っています。

スケジュールはデジタルで、と書いているけど、会社の予定は会社のスマートフォンにしか入れていなくて、プライベートの予定は紙の手帳に戻ってきてしまっている最近。

使い方はこんな感じで落ち着いています

<アナログ>
・プライベートのスケジュール、仕事の大まかなスケジュール→月間カレンダーに手書き。大まかなというのは、在宅勤務とか、休み、定例ではない打ち合わせなど。
・日々のTodo、直近のスケジュール→その日のページに手書き。手帳を持ち歩かないときはその辺の紙やiPadのGoodNotesに書くこともある。

<デジタル>
・仕事の細かいスケジュール→会社のGoogleカレンダー(私用のスマホでは閲覧不可)

私の予想では、デジタル管理万歳ってなって、来年は手帳卒業できるかな、とすら思っていたけれど、GoodNotesなど持つかって思ったのは、やっぱりデジタルはパラパラめくれないのが苦手なんです。(一時期iPad手書きやiPhoneアプリ(Keepとか)にTODO移行してみたけど、後から見返すのがやりにくすぎてダメでした)

というわけで、来年も紙の手帳を使おうと思います。

来年どんな手帳にしよう

私はNOLTY手帳のリスティを長年使っていてNOLTY贔屓なですが、2022年1月始まりの製造終了品にリスティ(レフト式)と今年使っているNOLTY U 365が!!このコロナ禍で、私自身も手帳の使い方がだいぶ変わってきているので、手帳に求めるものも世の中的にシフトしてきているのかもしれませんね。


2022年1月始まり 製造終了商品と代替商品のご案内
https://www.jmam.co.jp/topics/1269058_1893.html

リスティ回帰は多分ない

この時期になると毎年リスティを購入していたんですが、どうやら来年はリスティ1のみ、しかもカバーは黒しかないみたいです。カバー色はたくさんなくて正直なところいいんですが、2がなくなったということはそんなに売れてないってことですかね・・・
リスティ自体はすごく好きなフォーマットですが、TODO書くには小さすぎるので、戻ることはないかなと思っています。

NOLTY U 365?

B6のデイリー手帳は持ち運びギリギリの重さ。けどちょっと小さい。嫌いではないけど、中途半端な感じがうーん、って感じです。そもそも、NOLTY U 365は来年のものが発売されないので、他の商品を選ばないと、ですね。B6変形だとEDiTだったり、高橋手帳のものですかね〜。

いまの候補は・・・

というわけで、いまの候補はA5ノート(「ニトムズ STALOGY ノート 1/2イヤーノート A5 方眼」か「NOLTY ノート A5 方眼」)に貼って剥がせるタイプの月間カレンダーをつけようと思っています。
ちょっとバレットジャーナル的な使い方ができたらいいなと。日付入ってるのも便利なんですけどね。

ほぼ日やジブン手帳の1/2タイプを使うのもいいですが、一度日付なしのフォーマットを試したいのでそれでやってみようかなぁと今は考えています。

まだ、8月なんで、実行に移すのは5ヶ月くらい先です!

手帳・ノートカテゴリの最新記事