朝時間.jpイベント デロンギで暮らしを楽しもう!ほめられお菓子レッスン

先日、朝時間.jpスペシャルイベント《デロンギで暮らしを楽しもう!「ほめられお菓子」レッスン》に参加してきました!
デロンギというとコーヒーメーカーが有名なイメージがありました。(ちなみに我が家ではキッチンツールは持っておらず、オイルヒーターを持っています)
今回のイベントではデロンギキッチンのアイテムの一つであるオーブンをご紹介いただきました。

オーブンというとお菓子を作ったりちょっと手の込んだ料理を作るという印象がありませんか?この日はスポンジケーキを使ったお菓子づくりのレッスンでした。
私の場合、スポンジケーキの難易度が高い(ムラができる・膨らまない)気がして、特別な時しか作らないので、失敗しないって魅力的に聞こえるんですよね。
当日は料理家でデロンギコンベクションオーブンアンバサダーでもある渡辺麻紀さんが、夏らしいレモンとブルーベリーのケーキを仕上げる様子を拝見しました。

というわけでイベントレポートします。

コンベクションオーブンのご紹介

最初にデロンギジャパンの大山さんから本日のメインになるコンベクションオーブン「スフォルナトゥット コンベクションオーブン」についてご紹介いただきました。

イベント参加前のアンケートで「オーブンをどのくらい使っているか」というアンケートがあっ他のですが、その結果発表から。
参加者の41%もの人が週1〜2回オーブンを使っていらっしゃるとのことで、さすが食イベントにいらっしゃる皆様はすごい。
私はオーブンは使っています、が、ちょっと特別な時に使うというイメージが強いので月1〜2回といった感じでしょうか・・・

今日の主役となるデロンギのコンベクションオーブンですが、1985年にイタリアで発売されて以来、見た目も機能も大きな変化のない製品なんだそうです。
単機能オーブンとして「焼き」が得意という強みがはっきりしていて、使い方も三つのダイヤル(温度ダイヤル・タイマーダイヤル・調理ダイヤル)を回すだけ、とってもシンプルです。

どうして焼きが得意かというと、熱源に秘密があるそうです。デロンギのオーブンはシーズヒーターと呼ばれるもの。一般的なオーブンは石英管ヒーターというものが使われていて、700度くらいまで一気に上がってしまうのに対し、シーズヒーターは575度くらい。ゆっくり火が入るという特徴があると教えていただきました。

さらに、スクエア型のヒーターが庫内の上下に設置され、コンベクションという名前の由来にもなっている対流ファンがしっかり熱を対流させ、放射率の高い黒い庫内が遠赤外線の効果をupさせることでムラなく均一に加熱されるオーブンなんですね。
各テーブルでスポンジを焼いていただいたのですが、焼きムラなく端っこから中央まで高さが揃った綺麗なスポンジが焼きあがっていました。
割と小さめのオーブンなので余熱も早い!

料理家・渡辺麻紀さんのお話から

コンベクションオーブンの魅力を教えていただいた後は、料理家の渡辺麻紀さんと朝時間.jp編集部のEさん(デロンギオーブン愛用歴20年!)の対談とケーキづくりの実演です。

コンベクションオーブンの良さは小さいのに馬力があるので、ケーキの生地の泡を潰さずに焼けるのだそうです。

オーブンを日常で活用するには?という質問に対しては、焼き野菜などが朝から手軽に作れて、オーブンに焼きを任せている間に他のことをできる、オーブンを使うことで時間を作るとおっしゃっていたのが印象的でした。

渡辺麻紀さんが料理を学ばれたイタリアやフランスの一般家庭のママたちは、みんなオーブン使いが上手いそうなんです。

夏の風味 レモンとブルーベリーのケーキ

この日その場で作っていただいたのは夏の風味のレモンとブルーベリーのケーキ。生地にアーモンドプードルが入ったざっくりとした味わいに、クリームチーズの入ったクリームが大人の味わいです。オリーブオイルを添えてあるのもなんだかおしゃれな組み合わせだなあと感じました。
いくつかポイントをメモしておきます。

型は18cmがおすすめ、ペーパーはひく
卵は正確にグラムで測る
人肌は手で測る。指をしっかりあてないと温度はわからない。
ハンドミキサーは最初、最高速でたててだいたい2分半。空気をたくさん入れる
その後少し下げて2分半。泡のキメを整える作業”シルキーな食感”になる
※時間は目安で状態でCHECKするのが良い
生地をたてたらオイルを入れる。一気に入れるとうまく混ざらないので、オイルのボールに生地を少しとっていれ、なじませてから生地のボールへ
一気に型に入れて、一度型を落として空気を抜いてオーブンへ
焼きあがったらもう一度型を落として空気を抜く

ルピシアの紅茶と試食

試食は、実演していただいた夏のケーキとスパイシーな秋の風味のケーキ。こちらをルピシアの紅茶と一緒にいただきました。

そして秋風味のケーキは、またテイストが変わり
シナモンやジンジャーといった数種類のスパイスを使用したクリームで、とても味わい深いなあと感じました。どちらが好きかというと私はチーズ好きだし夏のケーキですが、秋も捨てがたい!

デロンギオーブンの魅力を感じたイベントでした

仕事を途中で抜け出して参加したイベントでしたがとても楽しかったです。

単機能オーブンってすごく贅沢な製品だけど、すごくいいなあと唸りながら帰ってきました。
だけど・・・だけどですね、今回は見送ってます、、、
我が家の場合キッチン背面に現在オーブンレンジと炊飯器を置いているんですが、それでいっぱい。食パンを手軽に焼くためのオーブントースターも見送っているんですよね。悩む。。

とはいえ、教えていただいたレシピを見ながらケーキづくり、してみようと思います!

朝時間.jpのレポートはこちら!オーブン欲しくなりますね・・・・!
https://asajikan.jp/article/172000

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

イベントレポートカテゴリの最新記事