我が家の観葉植物ベンジャミンを自力で植え替えてみました

2017年6月に家にやってきたベンジャミン。なんだか大きくなった?ぼさぼさになった?で鉢のサイズと本体のサイズがあっていないような気がしていて、一念発起!植え替えを実行しました。
実行するまでは専門の人に頼もうか、と思っていたのですがやってみたらなんとかなりました。かかった労力など、記録しておきます。

我が家に来たばかりのベンジャミンの様子


前々から家が殺風景な気がしていて、殺風景なら何か観葉植物を置いてみようと思って購入したのがこのベンジャミン。来たばかりの頃はもっと丸くカットされていて綺麗な形をしていたんだなあとこの写真を見て気づきました。
ちなみになぜベンジャミンにしたのかというと実家にも長くベンジャミンがいたから。知ってるからこれにする、みたいな感じです。
できたらすごい大きな植物が欲しかったんですが、そこまで自信がなくて、100cmほどのベンジャミンにしました。鉢のサイズは8号のもの。実店舗なども見ていたんですが結局値段の安いamazonで購入。私が購入した時は6000円+送料850円でした。今は配送料がUPしてるみたいです。
↓こちらの商品です。

基本的に室内にずっとおきっぱなしで外に出すことはしていないです。というのも私自身が虫が苦手でして、、、というわけでそれほど明るいわけでもないと思いますが室内にずっと置いています。意外と新芽が出たりしてちょこちょこ育っている様子が可愛かったです。

なんだかバランスが悪くなって来たので植え替えを決意

ちょっとわかりにくいですが、トップの画像は植え替え前の様子で鉢の大きさに対して頭でっかちになって来たなあと思っていました。植え替えるなら、春から夏にかけてがいいとも思ったのですが、道具も一切ないし、億劫だし、お金で解決する!?と思ってgoogleで検索したりしていました。
こんなサイトもありました。
5000円くらいから〜頼めるようです。
頼もうかなと思っていたのですが、母が手伝うからやろうと言ってくれたので、自分で植え替えることにしました。

用意したもの

9号サイズの鉢

今までが8号だったので、1号アップの9号。お手軽にプラスチックの鉢です。思ったより大きくならないんですが、周囲2cmくらいは大きくなったかなあと思います。

観葉植物の土

土は楽天で買いました(手配が直前過ぎて、「あす楽」ってのもポイントで探しました)。9号サイズの鉢なら10Lくらいあれば足りるのかなという曖昧な知識の元、12Lのものをチョイス。
ピンピン育つ観葉植物の土というなんともいえない名前がいいですね。
ちなみに、根っこの土を全部取りきらなかった事もありますが12Lは多すぎました。半分以上余ったから6Lあればよかったかな。

鉢底石

こちらも必要ということで、購入。買ったのは初めてで、とはいえ、なんかサイズ感がわからなくてすごい余りました・・・・。
いや、土12Lに対して、10Lが多いのはわかっていたんですが、検索するのが面倒すぎて、もういいやってなったのは秘密。

剪定ばさみ

根っこきりに使いました。

割り箸

シャベルがなかったのでここからは代替え品たち。
土をほじくるのに割り箸使いました。途中折れました。

カナヅチとマイナスドライバー

割り箸でほじっても、ベンジャミンが鉢から全然取れなかったので、鉢の周囲をぐるっとマイナスドライバとカナヅチで隙間を開けるのに使用。
これがすごく役に立ちました。

いざ、ひっくり返してみる、から植え替え完了まで


ひっくり返して見たら、なんと、鉢底の隙間から根っこが出て来ていました。なんていうか、頑張っていたんだね・・・ベンジャミン。
根を切って引っ張り出そうとしても全然出てこない。鉢の中も根っこがいっぱいなのだろうと推測されます。
そこで、前項で使用したものとしてあげた、カナヅチとドライバーで鉢と土の隙間を開けて行きます。(この過程でプラスチックの鉢は割れちゃいましたが問題なし)
そしていよいよ、抜けました!

なんかちょっと無残・・・

この後、根っこをほぐしますが、この過程でかなり疲れて来て大雑把です。が半分くらいとったかなと思います
そして、新しい鉢に鉢底石を入れて、土をちょっと入れて、なんとか植え替え完了しました。
だいたい1時間半くらいで片付けまで含めてできたと思います。

やればできる!外注は不要かも

というわけで、結論としてはやればなんとかなるという事でした。
ただし一人でやるのは(気力の意味で)難しいので、だれかの助けをもらって一気にできてよかったです。
あとは、元気に根付いてくれますように。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村参加中。 是非応援クリックお願いします!

家のことカテゴリの最新記事