bizmom2019年冬春号 ライフもキャリアも大切にしてきた先輩ママたちの「働き方」に掲載していただきました!


現在発売中のbizmom2019年冬春号に掲載していただきました。

今まで雑誌には何度か載せていただいたことはあったのですが、趣味のことで載せていただいていたことがほとんどでした。キャリアについて載せていただいたのは初めてで、とっても嬉しかったです。掲載のきっかけは、実はパワーママプロジェクトのインタビューがきっかけでお声がけいただきました。

編集の方、貴重な機会をいただきありがとうございました!

両立がテーマのコーナーでした

bizmomは働くママのためのベネッセの雑誌です。
私はたまごクラブひよこクラブの次の雑誌として読んでいます。
年2回の発行になっているようです。

保活の時、特に読んでいて、小一の壁とか、共働きの24時間的なものを見て、いやいやこんな仕事できないでしょ、とかそもそも保育園決まらないし・・・と落ち込んだこともあります。
しかし、雑誌を見ることで復帰後の自分を想像してから復職できたのはすごく良かったです。

ただ不安がっているんじゃなくて、こういう例があるんだって知ることができるだけでも、違いますよね。
この号もたくさんの働くママたちそしてパパも登場しています。
最近の傾向として、育休中もキャリアをアップしていこうっていうのがすごく感じられて、意欲的なパパママが増えているんだなって強く感じました。

ライフとキャリアの両立について先輩ママとしてインタビューを受け、載せていただいていますが、私の場合の両立のコツはゆるいです。「頼めることは頼っちゃおう」です。肩の力を抜いても大丈夫。年々抜けてきたかなあって思っています。

そうか、先輩ママなんだ!

掲載タイトルを見て思ったのは、そっか私って先輩ママのなのか。ということ。子どもは気づいたら9歳。育休復職してなんと・・・8年ほど経つので、確かに先輩ママなんですね。

しかし何気にまだまだわからないことだらけで、そんな偉そうに言えることはないなあと思うことも多くあります。
そういうわけでインタビューの日は一体どういうことを話せばいいのか・・・と迷う場面もありました。

(ちなみに入社当初の写真もちょっと載せていただきました。PCが分厚く有線マウスついてて、デジカメが今っぽくなくてなんか時代を感じます。)

編集の方がおっしゃっていた「お仕事が好きなんですね〜」というのが、一番ピンときました、そうだ、私って結構仕事が好きだなって改めて思ったんです。
なんだかんだ好きだから、14年同じ会社で仕事をし続けているのだと思います。
当日、同じ会社で仕事を続けるコツはと聞かれましたが、個人的には結果として一つの職場で働いているだけで、勤続年数が多いから良いというわけではないと思います。ただ、働くということそのものは私にとっては尊いもの。働くということは、周りに貢献でき、感謝され、そして自分を成長させることができる素晴らしいものだと考えています。

森本千賀子さんと雑誌でご一緒できた!


コーナーは違うのですが!
私が大好きな、株式会社morichの森本千賀子さんがキャリアの専門家として掲載されています。嬉しいです。
森本千賀子さんは著書の「女性管理職のFAQ」を読んでからのファン。2017年にはなんとパネルディスカッションでご一緒させていただけるなど、本当にご縁をいただき、その後もパワフルなご活躍を見て、元気をいただいている方です。

森本千賀子さん「カリスマワーキングマザーの仕事術!」勉強会に行ってきました

働く女性全力応援プログラム「就業継続アシストセミナー」レポート

私が特に心に残った森本さんのアドバイスは、時短勤務について。

「キャリアを持続するためには早めの時短解除を」という、ズバッと、はっきりおっしゃっていることです。仕事で着実に成果を出し、ご自身もキャリアを持続し続けられている森本さんならではのお言葉。キャリアに本気で取り組むこと。これって時短だけでに限ったことではないですね。私も頑張ります!!

働くママへ、読み応え◎

「育休復帰、第二保活、時短解除、小一の壁」
初めてのことに悩んだりする場面、ぜひbizmomを読んで、みんなやってるし自分もできる、と感じていただければと思います。
私は最近忙しくて疲れが取れないなと思う場面が多かったので、「1日たった3分疲れ知らずのカラダ作り」熟読してきます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

メディア掲載カテゴリの最新記事