CaSy(家事代行サービス)を利用してみました


前々から気になっていた家事代行。
でも、自分でやれるんじゃないの、とか、どんな人が来るの?
とか気になって踏み出せずにいました。
ところが、最近周りで家事代行使ってるよー!という人がそれなりにいることに気づき、ついに私も頼んでみたので、その感想をレビューします。

なぜ家事代行?

そもそもなぜって思われるかもしれないので書いてみますね。
私は片付けは結構好きで、部屋のものを極力減らしておいてスッキリした部屋を保つのが好きです。
でもお掃除そのものは割とアウトソーシングしたいタイプ。
4月に今の家に引っ越してとても感動したのが、
食洗機がついていること。
そして8月にはブラーバがうちにやってきて、
どちらも毎日稼働しています。
別に手で洗いたい~とかはないんです。
掃除についても同じで、頼めるならやってほしい。
特に水回りの掃除は苦手ということもあり、一度試してみたいなと考えていました。
お風呂掃除をする時間を買うことで、他のことに当てたいなと思ったのもあります。

利用した代行サービス

上記のように考えていましたが、
いろいろ調べてもよくわからなくて・・・
ポッとあいた休みがあったので、今回CaSyというサービスに申し込みました。
決め手としてはサイトがわかりやすかったこと。
料金体系も明確だったことです。
CaSyは、定期的にお願いすると1時間2,190円になるようです。
CaSyサイトはこちら
掃除代行と料理代行があり、私が頼んだのは掃除代行です。
スポット利用でしたので、1時間2,500円(税抜き)。
掃除の場合、最低2時間・料理の場合、最低3時間からの利用で、別途交通費700円がかかります。
というわけで今回かかった費用は、
掃除2時間で2,500×2×1.08+700=6,100円でした。

掃除をお願いした場所

CaSyでは依頼の際に掃除をお願いする場所を指定します。
目安の時間なども入力するのですが、
今回は、玄関・お風呂・洗面所・トイレをお願いしました。
時間の10分少し前にインターホンがなり、ドキドキしてお迎えしました。
人が来るなら片付けなくちゃ!っていう思考も湧いたのですが、本末転倒とはこのこと・・・
こらえてぐちゃぐちゃなままお迎え・・・(恥ずかしいです)
ささっと打ち合わせてすぐにお掃除に着手していただきました。
水回りばかりお願いしたので2時間経つ頃には汗だくになってやっていただいた感じでした。自分がやったら途中でやになるだろうなあと思ったので、本当に助かりますね。

掃除用具は自分で準備ということで、バスマジックリンは事前に慌てて購入。あとはいつも使っているアルカリ電解水と、キッチンブリーチ(なぜキッチン)、無印のふきん類、スポンジとか・・・あまり掃除用具ないんですよね。
とはいえ、CaSyキャストさんによると、このくらいで大丈夫らしいです。
(ご自身も道具をお持ちになってはいました)

玄関。下駄箱の中まで掃除してもらってしまったのですが、依頼時に玄関と選ぶと本来は掃き掃除だけだったみたい。

お風呂場。ここをやっていただけたのが嬉しかったです。普段もあがるときに水滴を拭いたりしますが完璧ではなかったので。

洗面所。

トイレ。
2時間でこれだけの場所をやるのはギリギリな感じで、
終わるのかな~なんて思っていたけれど、しっかり4箇所やっていただきました。

感想

私は満足です。6,100円という費用は毎週やるにはちょっと高いけど、
二週に一度、三週に一度とかなら十分かなって思いました。
掃除する時間をお金で解決して、時間を他にあてることを目的としていたので、これはハマりそうだなあって感じました。

ところでCaSyはプロのクリーニングとは違い、
あくまでも日常のお掃除をやってくれる形になります。
自分がやる代わりにしっかり掃除してくれてありがとうございます!
って思いましたが、もしピカピカにしてほしい~!っていうニーズをお持ちなら、プロのクリーニングがいいかもしれませんね。

また、スポット利用だと自宅にいる時間を見つけて、スケジュール調整がする煩わしさはあるかなと感じました。
今後続けるなら定期かつ、鍵を預けようと思います。
とか書きながら鍵を預けるのにはまだ抵抗があったりして、
ちょっと考えてみます。

料理の代行も試してみようと思っています。

紹介コードも貼っておきます!

そうそう、紹介コードという制度があります。

コード→EuRUd

私もあなたも1000円引きになるようですよー!

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村参加中。 是非応援クリックお願いします!

家のことカテゴリの最新記事