今ドキのIoTアイテム大集合!IoT女子会イベント参加レポート

5月15日モノづくり総合施設「DMM.make AKIBA」が主催する「IoT女子会」第5弾に参加してきました!
場所は日本オラクルの超おしゃれなカフェテリア。(参考記事

今回は、女性の暮らしを素敵に変えてくれるIoTアイテム3つのご紹介と体験会、開発者の方が実際に登壇され、アイテムへの思いなどを語っていただく会でした。
私にとってはIoTを知る最初の一歩になったように思います。
レポートしますね!

IoT女子会、そしてDMM.make AKIBAとは

IoT女子会とは、DMM.make AKIBA主催の会として発足し、2017年夏頃から「女性目線のIoT」をテーマとして活動しているとのことです。
そもそも私の場合、DMM.make AKIBAも知らなかったのですが・・・
DMM.make AKIBAはHW開発をトータルサポートする設備を備えたハードウェアコワーキングスペース。ハードウェアコワーキング!初めて聞きました。
コワーキングスペースという仕事柄、様々なIoTスタートアップが集まる場所だそうですよ。
モノづくりって原資もかかるし、モノを持つからリスクも高くなると思うのですが、そんなスタートアップの方をサポートするような施設になっているみたいです。
コワーキングスペースとしての利用はもちろん、色々なイベントやワークショップの開催もされているようです。

今ドキのIoTアイテム大集合!のイベント

今回のイベント、私はfacebook広告で見かけたのですが、DMM.make AKIBAのことは知らないまま、IoTというテーマとオラクルのカフェテリアという開催場所に惹かれて申し込みました。が、行ってよかったです〜!やっぱり普段触れないものに触れるのは大事ですね。
今年の目標に、「色々なコミュニティに属したい」というのがあり、(まあ、コミュニティとは違うかもしれませんが)積極的に人・モノと関わっていきたいと感じていたところだったので、まさに参加してみたことがないモノに触れることができました。


今回のモデレーターはDMM.make AKIBAの上村さん。可愛い方です!vaioなんだな〜!
上村さんご自身がIoTアイテムを身につけてきていらっしゃいました。

Orphe:Smart Footwear

写真のこれ!
Orpheという光ったり音が鳴ったりする靴です。
これは面白い。
Orphe:Smart Footwear
(ちなみになかなかいい値段なので、興味がある方はamazonで検索してみてください)

そのほかInupathyとか、Sensproutとか、最新のIoTトレンドを紹介していただきました。
今回のイベントでは具体的なIoTグッズについても開発者の方がそれぞれご紹介くださいました。

当日紹介されたIoTグッズ

それではここから当日紹介されたIoTグッズについてご紹介しますね!

しっぽコール

いわゆる防犯ブザー、なんですけど、女性目線のブザーです。
そしてただブザーを鳴らす(クライシスコントロール)だけではなく、不安データを蓄積する(リスクコントロール)も狙ったサービスとのこと。
見た目はカバンにつける可愛いチャーム、機能が2つあって、握ること、そして引き抜くことができます。
握るとスマートホンから着信音が流れ、また、握った場所をデータとして蓄積することができます。
また、引き抜くと警報音を流し、位置情報をあらかじめ決めたLINEグループに送信するという機能があるとのこと。
コンセプトとしては女性が使いたいと思うデザインであるということみたいです。防犯ブザーは確かに子供がつけていますが、うん・・・女性が使いたいっていう感じではないかもしれないですね。
着信音を擬似的に流すというのは昔携帯電話の機能としてみたことがあるように思いますが、よりさりげなくチャームとしてつけられるのが魅力的!
ルースヒースガーデン
しっぽコール

次世代スマートミラー

これはですね・・・今回の3つのグッズのうち最も面白かったです。
スマート化粧鏡とのことですが、「人は4800年前から鏡を使っていて、鏡を通して自分と向き合っている、鏡の前でキメ顔をしている」って開発者でNovera代表の遠藤さんがおっしゃってたのが面白かったんです。
自分はもっと綺麗になれると思っている女性は95%もいるそうです。だけどなかなか行動できず、鏡に映る自分の顔があまり好きじゃないと思ってしまうと辛いですよね。
この次世代スマートミラーは、化粧と美容と声を合わせることで、ネガティブな感情にさせない、新しい鏡を目指しているとのことです。
(体験したかったー!!)
Novera

コネクティッドキーT!NK

スマートキーの一歩先を行くconnected keyというT!NKです。
実現したいのは「鍵のない世界」ワンタイムキーや鍵の剥奪などをスマホから簡単に行える鍵ということで、これ、欲しいな〜!と強く思いました。
今後他のサービス例えば家事代行や宅配と繋いでいきたいとのビジョンもあるそうで、今後物理鍵は無くなって行くのかもしれないですね。
で、ですね、鍵も興味深かったのですが、この鍵を作っている会社tsumugがすごいなって思っています。
正社員0の会社なんだそうです。普通の会社員である私には「!?」って感じです。働き方が多様化してますね、、
検索してみたらtsumugの取締役小笠原さんという方の記事がDodaにあったのでみてみてください。

tsumug
T!NK

開発者さんへの質問タイム

このコーナーがとってもためになりました。なんだろう、アイディアがどう生まれるか、とかってなかなか素の状態できくことがなかったのでメモメモ

サービスを作ったきっかけ

しっぽコール:Googleのアイディアコンテストで一晩で考えた。そしてファイナリストになったから。
根底にある思いは防犯ブザーをなんとかしたい。というもの。このアイディアを人に見せたら反応をもらったので作りたいと考えた。

次世代ミラー:もともと姿見を作っていた。会社は男3人の会社で女性の視点を入れたいと考えて、女性に聞いたら女性からは「テンションが上がる鏡がいい」
テンションが上がるって一体!?その本質とは何?2〜3万円出して買いたい鏡って何と深掘りしているうちに、「自分に向き合う道具」と定義することに。
サービスは納品してからスタートでどう使ってもらうかはユーザーの習慣の延長線上じゃないと難しいと感じた。鏡は毎日見るもので、UX+ネットサービスをうまく繋げると考えた。

T!NK:ツムグの代表牧田さんの体験として物理鍵を無くしたいと考え、その為に作った。スマートロック市場はまだまだスマホで鍵が開けられるといったものが主流。T!NKは他のサービスとつなげていってただ鍵を開けるだけではない体験を増やしたい。

何からはじめたか

しっぽコール:ハードをどうするかということからDMM.makeと関わるようになった。またアイテムのコンセプトを見直すことも実施。毎日使ってもらうには?テーマがシリアスなだけに丁寧なコンセプトメイクを行っている。一緒に参画している人は友だちつながり。

次世代ミラー:まずは体験してもらう為にその辺にあるもので作ってみたのがスタート。モックを作ってブラッシュアップして行くやり方に似ている。一緒に参画している人はピッチコンテストで意気投合した人も。いろいろなところに顔を出すのも大事かなと思う。

T!NK:もともとスタートアップの支援側にいたので、モノづくりのスタートアップはソフトウェアとは異なりお金がかかるのはわかっていた。そのため、きっちり出口が込めるところまで動いてからスタート。(tsumugはアパマンと提携していて、今後tsumugの鍵が入るとのこと!)また、SHARP IoT.make Bootcampにも参加しているなど(参考記事)、プロセスも見込んでいる。
ものづくりは簡単にはじめられないからこそ、ノウハウが詰まっている。最近はノウハウは開示してくれる流れもあり、それに乗る。参画しているひとは代表の思いと行動に共感した人たち。

三者三様で興味深い!

参加者へのメッセージ

しっぽコール:まだまだ手探りで進めている。意見を聞きたい。
次世代ミラー:一緒にやりましょう。
T!NK:数年前に比べてモックを作るのは簡単になった。だからこそ思いがあったら動いちゃうのがいい。サービスやプロダクトは男性目線だとスペックとかデザイン重視になる。今後女性目線が大事かなと思うので参入して欲しい。

日本オラクル紹介


日本オラクルの紹介をいただきました。
個人的にオラクルといえはデータベースの会社と思っていたのですが、さすがというか、当たり前というか、ちゃんとクラウドとかSaasとか、やってるんだよなーというのが1点。
そして従業員の満足度も高いし、許可制だけど副業も認めているという働きやすい会社なのかなあという印象を受けました。

体験会


体験会は今回紹介された3つのアイテム+オラクルブース+DMM.make AKIBAブースでした。
写真のクマはレーザーカッターで切り抜いたクマで、DMM.make AKIBAブースでもらいました。
3つのアイテムのうち鏡は人気があって近づけず!
鍵はハードウェアがどんなものなのか、(バッテリーはどうなっているのか、ハードそのものが外されたらどうなるか、おいくらなのか、等)を直接お聞きできて勉強になりました。

感想

・モデレータ上村さんによると、IoTはまだまだ女性目線でのプロダクトは少なく、エンジニアが本格的に参入しているというより、デザイナーやマーケッターが手探りに進めている分野だそう。私は仕事柄ほぼ固定のシステムを作っているのですが、こういうボトムアップ的な取り組みも仕事に取り入れていったら面白そうだなって感じました。

・社員食堂はやっぱりいいなあ。「社員食堂」とかかくと、古くさいけど仕事の合間に場所を変えてリラックスして同僚と話するのはありだと思う!やっぱり場所を変えると気持ちも変わる、新しい発想が出てきますよねー。

・IoTは面白い。モノづくりのハードルは確かに感じるけれど、そう難しく考えずにアイディアを形にしてみるのがいいのかなって思いました。そうそう、最近自分に足りないのは柔軟性だと思うので、面白い→やってみようのサイクルを作って行きたいと感じています。

おしゃれカフェテリアとくまちゃん

というわけで、素晴らしいイベントに参加させていただきありがとうございました。
DMM.make AKIBAの皆さん、日本オラクルの皆さんありがとうございました!

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村参加中。 是非応援クリックお願いします!

イベントレポートカテゴリの最新記事