くもんプリントを収納してみる。クラフトボックスSがぴったり


子どもは小学校1年生の時からくもんを続けています(さんすうだけ)
1日5枚くらいのプリントが宿題として出されるため、すごーくプリントが溜まるんですよね。

個人的にはプリントとっておく必要があるの??
って思っちゃうんですが、子どもによると絶対とっておいてほしいもの、らしい。

学校のプリントとか工作・絵は全然執着がないんですが、くもんだけはやった感が見えるのがいいのかな?
母としては工作・絵の方が取っておきたいのですが・・・・
せっかくの頼みなので箱に入れてとっておくことにしました。

クラフトボックスがぴったりでおすすめ

この度わりとぴったりサイズのいい感じの箱が見つかったのでメモしますね!
「クラフトボックス」というダンボール箱のSサイズです。

いくつかデザインがあるようですが、一番シンプルそうなものを選びました。

一箱300円くらいなので、4つ買って送料も払いました。

ぴったりですごくいい感じ!

1箱でさんすうの2A〜C途中まで余裕で入っています。
(くもんの2A、A、B、Cはそれぞれ200まであり、子どもはCの途中を今やっています)
1つの段階で繰り返しとくので200枚以上あるようにも思うんですが、くもんのプリントって薄いんですよね、かなりたくさん入りそうです。子どもも満足だし、バラバラにならないので、くもんプリント専用の箱としてなかなかおすすめです。

公文式賛否

ところで公文式そのものは私はいいのか悪いのかよくわかっていません。結構賛否あるらしいということをなんとなく知りました。

ただ計算をするだけでなく考える力をつけさせた方がいいとか
やりきる力とか計算の土台を作った方がいいとか

色々な意見を見ます。どっちかというと否意見が多いのでうーんって思うこともあります。
もともと公文に通わせることにしたのは学童にずーっといるのはつまらないだろうし、習い事を何かさせたいなと思ったからです。
途中(引き算のあたりで)かなりくじけそうで、嫌がっていましたが、とりあえず1年半続けていて偉いなあと思います。
続けているせいかさんすうは得意だ、という自信は芽生えたようだし、今の所やめたいと言わないし、それ以外にやりたい習い事もないみたいなので、しばらく続けるのかなあと思います。
プリント専用箱、あと3箱もあるし!自分で継続しているのは、いいことなのかなと思って続けさせています。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村参加中。 是非応援クリックお願いします!

家のことカテゴリの最新記事