2021年手帳はNOLTYリスティ 2グレージュにします

実は8月末に届いていた来年の手帳について今さら記事にします。

来年の手帳はNOLTYリスティ2

来年の手帳はリスティ2のグレージュにしました。ここ数年Amazon限定カラーカバーを買ってます。ちなみに、昨年から始まったLoft限定は今年も存在しているみたいです。

リスティはですね、A5スリムのサイズが大好きすぎて、もう7年くらい?使っている手帳です。A5ほど大きくなく、B6ほど小さくなく。絶妙です。

ところで、ここで「リスティ2?1じゃなくて?」・・・と思われた方は1年くらい手帳の記事を書いていないにもかかわらず、私の手帳記事をよくみていただいていてありがとうございます!

2014年から使っているリスティですがバーチカルタイプ(リスティ1)とレフトタイプ(リスティ2)があって、これまでほぼバーチカルを使っていました。

ただ、今年はコロナ禍のおかげでリモートワークをする事が多くなり、勤務時間がよりフレキシブルになりました。これまでの9:00〜18:00みたいな感じじゃなくなりましたね。出張は激減。打ち合わせは顕著にオンライン化し会社のスケジューラーにどんどん入ってくるようになり、手帳に書かなくてもいいかなという感じがすごくしてきました。

もともと、会社のスケジューラー(デジタル)と手帳(アナログ)のダブル管理は面倒だなと感じる事が多かったのですが、今年は特にキツかったです。

オンラインミーティングだと、今から30分話せる?みたいなこともしばしば。予定も何も、て感じですよね。基本の使い方は今までと変わっていないのですが、すかすかになってしまうページなども多く、なんだか来年は手帳の使い方を変えてみたいな、と感じるようになっています。

基本の使い方は以下のエントリーに書いています。

そういう心境の変化もあり、バーチカルでがっちり実績書く今までのスタイルから、ふと、レフトタイプもいいかな・・・なんて思い、来年はレフトタイプを使うことにしました。

余談:2020年もレフトタイプ買ったんですけど、使わないので手放してます・・・、2冊持ちなんて器用なことできない!

カバーの色はグレージュ!

今年はグレージュにしました〜。赤や青、キャメルもありましたが、今年は赤を使っているので落ち着いた色のグレージュにしました。リスティ1とリスティ2で選べるカバーの色も違うんですよね。難しい。グレージュはレフトタイプだけのようです。

表紙はつるっとした手触りで模様はなく、シンプルなデザインでした。表紙に「開きやすくなりました」と書いてあるので何か変わったかな?と思いますがうーん、私にはちょっとわからないかも。リスティは開いて180度パタンと開く綴じ方ではありません。けど、使っているうちに気にならなくなりますよ!

中身は2020年度版と変わらないと思います。無駄なページがなくスッキリしたデザインもお気に入りの一つなので、毎年作って欲しいです!

(強いていうならメモページないものがあると嬉しいです!)

今年は12月になったら使いはじめたいな〜と思っています。

今年使っている赤いもの。これも良かったです。

手帳・ノートカテゴリの最新記事