読了 笑顔をふやすだけで年収1500万円

  • 2018.06.11


女性起業家でProjectFを主催している大東めぐみさんの2冊めの著書「笑顔をふやすだけで年収1500万円」のレビューです。
大東めぐみさんのブログはこちら!
本は、先日セミナーに参加した際にサイン入りでいただいていました。

大東めぐみさんKADOKAWA出版記念セミナー@東京【撮影レポ】

それでは本についてレビューしますね。

一番のポイント

私が本から一番受けたメッセージは「自分の時間をもつこと、好きなことをすること、そのためには嫌なことは辞めていい、他の人に頼っていい」ということでした。

本は真面目な女性向けだなと思います。自分は自由だなあとか、人に言われるまでも無いって方にはもしかしたら当たり前のことなのかもしれないですが、、
子育て、仕事、家事を完璧に精一杯やっているのだけど、どこか義務感や責任感が強く、自分の気持ちを犠牲にしている人に向けて暖かいそして強いメッセージを感じます。

そんな真面目で、気づいていないかもしれないけど実は苦しんでいる人に対して著者は「私」に素直になっていきましょう。と呼びかけます。

とはいえ、その義務感を「手放せません。仲間はずれになりそうだから」という人が多いそうです。

確かに生き方を変えると今まで付き合っていた人が離れていくのも事実。でもその先に新しい人脈が待っているのも事実だと思います。
私自身、いろんなことを言われたような気もするし、付き合いが薄くなってしまう人がいた事実も確かにあります。

それって何をしても同じことで、付き合う人のいう通りに動くのではなく、「私」がやりたいことを選ぶ必要があるんだよなと感じました。

もう一つ響いた言葉

それは、「不自由さを感じたら今すぐストップ!」という言葉です。

辞められないんです、という人に対しての著者の言葉は

「辞めた後にどうするかがあるから辞められるのではなく、辞めると決めるからどうするかが見えてくる」とお伝えしています。
(中略)
手に握りしめているものを一回手放してみてください。するとその空いたスペースに新しいものがすすーっと入ってきます。

とのこと。私も、何だか不自由を感じていたことを色々と手放してみようと思います。
小さいことなんですが、例えばを1つ
・子供が小学生になってから、朝、子供より先に家を出ない(仕事にはいかない)って決めていたんですが、子供に鍵の閉め方を覚えさせたら行けるようになりました。仕事を早く始められるし定時に追われる感がだいぶ軽減されて嬉しいです。

少しずつやってみようと思います。

メタ認知ワーク

セミナーでもおすすめされていましたが、本でもメタ認知について、強く勧められています。

「なりたい姿を詳しく具体的に、事細かに書く」ことの大切さが書かれていて、大東さんは、スマホのメモ帳に書いて事あるごとに見返しているそうです。なるほど!言われてみれば漠然となりたい姿を手帳に書いたりもしますが、それほど具体的にかけていなかったので、スマホのメモ帳に書きたいと思います。ちょっと恥ずかしさが消えたら公開しますね。

なかなか「なりたい姿」が見つからない人は例えば憧れの人を詳しくノートに書くのもいいみたい。これは・・・私、実は人にあまり興味がないタイプなので、もっとリサーチしないといけないなと感じています。

それでも何も浮かんでこないという場合、そして誰もがやるべきことは、
感情ノートで自分の感情を取り戻す

やり方は以下の通り。

1.今の感情を書く
2.どうしてそう思うのか書く
3.どう良くしたいかを書く

このように、自分の感情を大切に扱ってあげることで自分を大切にすることができるそうです。
なお、「今の感情」がネガティブだった時はこの深掘りでしっくりきますが、ポジティブな感情だった場合でも良さそうですね。
3を「さらに良くする」とか「周りへの感謝を書く」とかってしていけばどんどんポジティブエネルギーを周りに還元できそうです。

なお、感情を深掘りしていくことで奥底にある一次感情を受け止めることができるようになるそうです。
自分の感情を知り、自身を大切にできるようになったら、今度はそのエネルギーを周りに還元していくのが大切になりそうですね。

ポジティブなエネルギーを出せば、エネルギーはブーメンのように返ってくる。

まずは、自分がどんなことを伝えたら喜ばれるかな、どんなことを教えてあげれば役に立つかな、ということを考えて発信しようと思わせてくれる、エネルギーのある本でした。

本にはこれ以外にコミュニティの必要性などたくさんのことが書かれています。
読みやすく、なるほど!と思うこともたくさんあります。
今仕事や家庭で追われて自分を大切できていないと感じている方は読んでみてください〜!

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村参加中。 是非応援クリックお願いします!

カテゴリの最新記事