読了 MBA100の基本

  • 2019.04.04

MBAを取ろうかと考えているため、なんとなく手にした本。
今何も知らないけど、基本を知りたい!と言う人にはおすすめしにくい本書。私自身は、100個のうちわかる項目もあるし、わからない項目もありました。問題はわからない項目がこの本を読んだだけではさっぱりなこと。
この本を目次として、わからないことをもっと深く学べば有用かなあと思いました。

「100」って数を決めると大変そう

構成としては、1つのトピックに対して見開き1ページもしくは2ページ程度で解説と言うものが100個続きます。
内容云々ではなく、こう言うトピックをちょうど100個に持っていこうとするとなんだか作為的になってしまわないか・・・とちょっと思いました。
で、内容ですが、端的にまとまっていて、よかったと思います。日々の実務に関してなるほどそうだなと思うトピックも多かったですよ。
個人的にはなるほどそうだよな、と思わないトピックに対して解説がどうしても短いために「?」まで終わってしまうのが、、もちろん、冒頭で著者が述べている通りなんですね。

これらの基礎がわかってくれば、自ずとさらに深く勉強したくなるはずです。科目やテーマごとの教科書はたくさん出ていますし、本を読む以外にも様々な学び方があります。
MBAの全体像を捉え、勉強する入り口としても活用いただければと思います

ということなんですね。本自体の評価としては星4とは思っています。続編も読んでみようかなと思っていますよ。

なるほどと思ったところ

「人を動かすには模範を示すことが大切だ」と聞くとそりゃそうだ、とは思うけれど、実践できていただろうかと、最近悩んでいたので、またこの言葉がきた!と思った一ページ。わからない時はわからないなりに愚直にまずは自分からやってみなければと感じます。

そうなの!?と思ったところ

「相手と同じことをしようとした瞬間に負け」という一説。守破離ではないのかー!?と読んで思いました。まあ、意味が違いますよね。この項目では差別化を扱っているんですね。強烈なブランディングなども差別化なのかもしれないですね。私はこの本を個人として読んだので、いやいや、そんな自分自身をいきなり差別化しなくても、まずはうまくいっている人の真似をして(その方が時間の節約にもなるし)、できるようになったら持ち味を磨けばいいじゃないと思うんですが、ビジネスやサービスはそんなことを言っている悠長な暇はないのかもしれませんね。

まとめ

そもそもなんでMBAの本を手に取ったのかと言うと・・・春からMBAを学ぶ第一歩を踏み出したからなんですね。こちらは少し軌道に乗ってきたらご報告しようと思うんです。あっ、この本はグロービスですが、グロービスではないです!

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

カテゴリの最新記事