Panasonic NA-VX800BLドラム洗濯乾燥機。選んだポイントなど

2月に年明けから悩んでいたドラム洗濯乾燥機を購入しました。もともと使っていた縦型洗濯機のシンプルさがすごく好きで買い直す予定は全くなったのですが、年末年始色々な方の「2020年買ってよかったもの」みたいなものを見ているうちに、ぐらぐらきてしまいました・・・

調べてみると、わかっていたけどめちゃくちゃ高額なもの。

12月に調子に乗ってMacbook Airを購入していて特別な買い物ってそんな毎月のように行うものではないよな、とは思っていたのですが、「欲しい時が買い時!」と思い気づいたら買ってしまいました。

結論から言うと素晴らしく便利。干して取り込んで畳むという行為がなくなるだけで、家事の時間が短縮され、部屋が散らからなくなりました。苦手な家事として洗濯物を畳むと言うものがあって、ベランダから取り込んだ洗濯物がリビングに散らばっていると言うのが割と定常化していた我が家。

この洗濯機が来てからは一度もそう言うことがありません。頑張って直した洗濯ハンガーとかもそのうち手放すと思います。

今回購入したのはPanasonicのNA-VX800BLというモデル。選んだポイントなどをメモしておこうと思います。

メーカーを決める

まずはメーカーから決めました。消去法でパナソニックになっています。

実は、8年くらい前にドラム式を使っていたんです。その時の印象は高い割にうるさくて乾かなくて最悪、だったんです。

おそらくですが洗濯物を詰め込みすぎていたのだと思います。シワになる、乾燥しきらない、というトラブルがよく発生していました。また当時住んでいた部屋は、リビングの端っこに洗濯機を置いておく間取りだったので、部屋にいると洗濯機の音がうるさくて気になる・・・、と不満が溜まり割とあっさり手放してしまったんですよね。その時使っていたのが東芝だったので、トラウマにならないよう、東芝は除外。(恨みはありません)

また、しわになりにくいという噂のヒートポンプ式乾燥がいいなあと思っていたので、日立も除外(ヒートリサイクル方式という乾燥方式もヒートポンプのような感じらしいですが)

最後にシャープですが、高機能モデル(ヒートポンプ乾燥対応シリーズ)の見た目が好みでなかった、というかシンプルなデザインがよかったので候補から外しました。

というわけで、結局一番高価格帯のPanasonicにすることに。

Panasonicの中でも悩む

Panasonicの洗濯機はスタンダードモデルと、見た目重視タイプがあって、見た目重視のCubleというモデルがすごくかっこいいんですよね。見た目だけならキューブルにしたかったのですが、残念ながら乾燥方式がヒートポンプ式じゃないんです。

キューブル(VGシリーズ)は洗濯容量も10kg・乾燥5kgとVXシリーズ11kg・6kgに比べると小さいですが、これまで6kg容量で洗濯していたのでそこは気になりませんでした。とにかく乾燥方式だけ。見た目はかっこいいです。

乾燥機能はほぼ毎回使う、とわかっていたのでキューブルは諦めることにするとスタンダードな中でも4機種もあります。

NA-VX900BL/R
NA-VX800BL/R←これにしました。
NA-VX700BL/R
NA-VX300BL/R

数字が大きい方が高機能です。最終的に上から2つ目のものにしていますが選考基準は以下の2つです。

洗剤自動投入したい

洗剤自動投入機能なるものが最近の高機能洗濯機についているらしいんですよ。柔軟剤は使わないですが、洗剤は使っていて、適当にはかって入れるのも面倒に感じていたので、洗濯機に任せたかった。そうすると800以上になります。

スマホ連携はいらない

スマートフォン連携は最上位機種の900にしかありませんが、外出先で洗濯をオンにするとか、あまり考えられなかったので除外しました。スマホにアプリとか入れるのも面倒ですしね。

購入場所・価格

購入は楽天市場でポイント含め最安値?と思われたイーベストPC・家電館 楽天市場店で購入しました。購入した商品はこちら↓

購入当時税込258,000円で、ポイントはきちんと数えていませんが、ポイントアップをそれなりに狙い(きっちりは狙ってない)4万ポイント程度でしょうか?

というわけで、20万円超えています。高いですね。しかし、購入したのはとても良かったです。

なお、楽天市場のこの店舗は質問したところすぐに回答もいただき取引もスムーズでした。設置料込み・リサイクル料・長期保証は別です。設置は購入してから3週間後くらいになりました。

今のところの感想

まだ、1ヶ月程度なので使い始めて楽しい!という気持ちが大きいですが、思ったところをもう少しだけ。

大きい

前の洗濯機に比べると大きいです。搬入結構ギリギリでした。割と一般的なマンションだと思いますが、洗面所入り口などは+5cmくらいしかありませんでした。(入りました)

うるさいです。確実に縦型のものよりうるさくなっています。洗面所を閉めて部屋も閉めればいいのかもしれませんが、割と聞こえます。朝起きる頃にやってみようとタイマーで一度6時に終わるように回してみましたが、閉めていても寝室でかすかに機械音が聞こえるので目が覚めてしまいいまいち。大人しく在宅ワーク中に回します。

タオルがふわふわになる

これは感動しますね。外に干す良さってなんだったんだろう・・・。

洗剤自動投入

想像以上に便利でした。洗剤くらい自分で入れればいいじゃないと思われるかもしれませんが、スイッチを押したら何も考えずに洗濯機がすすめてくれるのでストレスがありません。洗濯ボトルも手放せました。自動投入機能のない700というモデルにせず、このモデルにして良かったです。

しわ

しわになるような服は着てません!まあ、気になるものは洗濯だけかけて抜いて、その後残りを乾燥にかけていますが、ほとんど乾燥まで一気にやっています。子どもの服なども全部乾燥かけてます。

使っていない機能

2度洗いや温水洗浄などは使っていません。今のところ普通の洗濯でいいなと思っています。高機能モデルにはナノイー洗浄というものがついているようですが、このモデルについている機能すら使いこなしていないので、多分あっても使いこなせなかったと思います。

電気代

まだわかってませんが、電気代日別のグラフ(が見られるんです、我が家)を見ると洗濯機が動いている時間はやっぱり上がっていると思います。3月の電気代が4月に出たら続報します。

Brand:Panasonic
258,000
2021.2〜

ガジェット・家電カテゴリの最新記事