名方朋世さん「選ばれる営業マンになるための勉強会」参加レポート


今年の夏は何だかやたら暑い、、そんな3連休の中日、
「第46回選ばれる営業マンになるための勉強会」に行ってきました。(公式サイトはこちら。
主催の名方さんを知ったきっかけはこの勉強会に森本千賀子さんが外部講師として登壇されていて、その回に参加したからです。

森本千賀子さん「カリスマワーキングマザーの仕事術!」勉強会に行ってきました

このときは、名方さんのお話はちょっとしかお聞きできなくて、いずれはお話をお聞きしたいなと思っていたのが叶いました!
この勉強会は毎回テーマがいろいろと設定されているのですが、今回のテーマは「1Q振り返り&短期目標設定」となっていて、すごく興味のあるテーマだったので申し込みました。

目標って結構立てると思うのですが、振り返りができているか?となるとちょっとドキッとしてしまう私。
イベント告知ページにはこんなことが書き込まれていてますますドキドキします。

1Qの振り返りなので、
売り上げ数値結果
活動結果
の集計をして、お越しください。
その方がより、充実した時間になると思います。

実は、私って普段の仕事で「数値目標」と言うのが曖昧なんですよね、、
確かに1Qごとの部署の目標は立てています。けれど自分の日々に行動に落とせてないと言うか、形式的な目的を立てて、それをトレースしている感じになっていると気づかされました。

「振り返りして初めて目標が設定できる」
本当にその通りだと思います。継続して振り返り+目標設定できるようにしていきたいと思います!

選ばれる営業マンになるための勉強会とは

最初に、この勉強会の趣旨についての説明がありました。

売れている営業マンになるためには、根底が大切だと言います。
根底とは、「あり方」「世界観」「どのような人生を送りたいか」という思考のこと。
ここがしっかりしていないと、どんなにいい商品があっても売ることができないということなんですね。

今の時代、誰から買うか?というのはかなり重要なポイントだと思います。
他の人との差別化、個別化は、まさにその人自身の世界観がしっかりしているかになると思うんです。
もちろん、営業だけではなくて、これは個の時代と言われる今、全社会人が意識していいことじゃないかなと感じました。

「営業力」・「金融知識」を身につけ、「生き抜く力を手に入れることで真の安定を目指してほしい」というお話もありました。
この勉強会は比較的会社員の人が多く参加していることからも「本業で成果を出す」と言うことにこだわっているそうで、
勉強会の趣旨、軸がしっかりしているからこそ、長く続いて(46回!)いるんですね!

なお、この勉強会が目指す人物像は以下の通りです

個人事業主の感覚を持ちながら、会社のリソースを上手く使って、大きな仕事ができる人材の育成

これって、会社員の私にとってこう言う人物になりたいなと思うような人物像なんですよね!

前回参加したセミナーで名方さんが「本業で成果を出すことにこだわっている」とおっしゃっていたんですが、今回も同じく言っていらっしゃり、
本業にフルコミットしながらも、このような勉強会をしっかり続けられている名方さんは私にとって憧れの方です。
この勉強会が何だか気になって参加したいと感じたのは、名方さんが仕事をする理由がすごく明確な様子がうらやましかったんだなと気づきました。

15分プレゼン by すずきあいりさん


振り返りに入る前に、異業種の方の話を聞く場「15分プレゼン」がありました。
今回の講師は食品系の営業 すずきあいりさん。

自己紹介の中で「やりたいことを周りに言い続けると、叶う!」っておっしゃっていましたよ〜!
無理めかなーとか思わずに、とにかく周りに言っちゃうのがいいんですね。私も周りに宣言して行こう!

さて、すずきさんのお話は「記録に残す大切さ」についてです。
そのための必需品がノート!
毎日ノートに書いていき、それを習慣にする。

今までの自分がわかって、適切な振り返り+目標設定ができる

とお話いただき、全然記録も、振り返りもまだまだだなあと感じちゃいました。


すずきさんのノートのサンプルも見せていただきました。
いいなあと思ったのが、予定、実行、どうだったか、もっと良くなるの4項目で時間軸で管理されているところ。
私は手帳で実績については書いているのですが、予定との乖離について書き切れていないのが反省ポイントだったので、
一日1ページ、しばらくノートに書いてみようかなと思います!(宣言)

1Q振り返り&短期目標設定

すずきさんのお話の後はワークの前に名方さんからの講義です。
その前に1分自己紹介があったんですが、この項目がとっても難しかったのでご紹介しますね。

・名前
・仕事内容
・なぜその仕事をしているのか
・なぜあなたでないとダメなのか

こういうのを普段から自分で考えていなかったって感じました。
特に、4つ目。私でないとダメかと言われたらそんなことがない気がしていて・・・、難しいです。
この勉強会の目指す人物像は「個人事業主の感覚を持って」、なのでいわゆる大企業の歯車ではいけないんですよね、この問いは考えて書き留めていこうと思います。

成果を出し続ける営業マンの特徴

成果を出し続ける営業マンの特徴は何かということについてのお話もなるほどなーと思いました。
一番なるほどなあと思ったのが、売れている営業マンの特徴として

紹介者があなたを他の人に紹介して誇らしい気持ちになるという状態

というもの。

これは自分のなりたい人物像を考えるのにも役に立ちます、自分はどんな人なら紹介したい?と考えてみるんですね。
そして紹介したいなあと思うような人物像に近づけるように努力する。
こういう視点はなかったです。なるほど・・・
どんな人なら紹介したいか、ですね。

それ以外に、目の前のお客様に自分が関わることで、どんなことで役に立てるか?という徹底的な他者目線や、
売れている営業マンの共通点として「平生」「行動力」「着手力」「素直さ」を挙げられていて、
私に一番足りていないものはおそらく素直さ、、かなって思うので、意識していきたいです。

振り返りの大切さ

振り返りは毎週、毎月やってほしいと名方さんは言います。

ここで、なんで振り返りをしたいのか、自分の中のモチベーションは何かを参加者の方とシェアし合いました。

・振り返りを身につけると現状の何が変わるのか?
・振り返りを身につけるとどんな未来になるのか?
・振り返りを身につけるてどんな気持ちになりたいのか?

この辺りが明確になっていないと、結局わざわざ時間をとってまで振り返りなんてしなくてもいいやってなってしまうんですよね。
何かをやると決めるなら、最大の価値を産みたいですね。

私としては振り返りを身に付けたいと思ったのは目標設定をしてみるものの、なんだかしっくりこない。
目標を見返してもワクワクしないことがある、というのが現場だったんですね。
また、仕事についてはマンネリしたくないなと感じていました。

振り返りをする理由


名方さんが振り返りをする理由は「圧倒的に成果を出すため」です。すごいロジカルで痺れる!

「感覚で仕事をやっているうちはある程度の成績しか出ない」

現状を知らないと次の対策を打てない、
何をしたら成功するのかわからない

整理して計画したらあとは実行するのみ

マンネリだとか言ってる場合じゃないですね。はい、振り返ります!

目標設定で意識すること

振り返りが終わったらいよいよ目標設定。
ポイントは以下の通りです。

①死ぬまでに「何をしたくて」「どうなりたくて」「どう言う世界観の中で行きたいのか?」ということを考える
②強烈な欲求にする
③稼働アップ?単価アップ?メリハリをつける
④環境に頼らない・嘆かない
⑤○○になったら恥ずかしい、○○にならないと恥ずかしいと言う感情が強いとトップにはなれない

これをお聞きした時に、私が目標に掲げている内容って、どちらかというと目の前でやらなければいけないTODOとかに近くて、
生きたい人生に繋がるとか、強烈な欲求とかではないなあ、、って正直思っちゃったんですね。
さらに⑤にある○○になったら恥ずかしいというネガティブな気持ちも結構あります。

感じたことは、ここに挙げられたようなポイントで目標設定する前に、まず現状把握と振り返りが必要です。
現在位置を知らないと適切な目標設定ができないですよね。
だからまずは現状を把握しながらだんだん良い目標を設定していくのが大切かなと思います。

ワーク


ワークでは実際に1Qの振り返りと短期目標(今回は7月1ヶ月で書きました)を書いていきます。

1Q振り返り用のシート、1ヶ月振り返り用シートがワークとして配られたのですが、特徴的だなと思ったのが、「仕事をする目的」を書くところです。
私にとってはすごく難しい質問なんですけれど、今の仕事が天職!と言い切る名方さんがやっぱりうらやましい私です。
今の仕事は好きなところがもちろんあるんですが、「天職!」と言えるかというと・・・迷っちゃいます。

名方さんの具体的な例を見せていただいたことはすごく良かったです。
なるほどこうやって書くのか、というのがわかると手が進みやすいですね。

実際書いていて感じたのは数値目標大切さ。
数字にすると、達成のための行動も具体的になるし、目標が達成できたのか、できないのかが客観的に判断できます。
仕事柄、なかなか数字の目標って立てにくいなあって諦めていたんですけれど(環境のせいにしない!)何か数値目標にできないか、
考えたら何か出せそうだし、プロジェクトのミーティングにも取り入れてきたいなと思いました!

ワークをするだけで、あれ?達成できていない、って気づくことがかなりあり、視覚化する、アウトプットすることの大切さを感じると同時に、
全体的に現状把握が足りていないと強く感じたので(今の手帳の書き方ではかなり足りてない)、明日から早速記録をつけていこうと決意しました。

振り返りシートについては以下のポイントについても教えていただきました。

・シートはとっておく、持ち歩く
・数値目標の指標は自分の得意なものでOK
・振り返りは細かく書いていくほうがいい
・改善点ばかり浮かぶかもしれないけれど、良かった点も書いていく(前に比べてできたところ)
・改善点はどうすればいいかを書いて、活動目標に繋げる
・付加価値を合わせて考える
・振り返りは次の期間の1週間前くらいに終わらせて、次の期間に備えておく。

私は今まで手帳に全部を書こうとしていて、手帳+なんでも書くノートという構成で仕事もプライベートも回してきていたのですが、
あとでちゃんと振り返ることのできる1日1ページノートを作ることにします。

今持っているものでなんとかならないかな?って思ったんですが、
手帳はなんでもごちゃごちゃ書きすぎていて振り返りにくいと感じていたのは確かです。
ノートはほぼ仕事でしか使っていなくて、その場限りのメモもかなり書いているので、使い終わったらどうしても必要と思ったところだけエバーノートに写メで取り込み、
残りは基本的には捨てるというスタンスです。

増やすのは悩みどころなのですが、今回の勉強会に出てまずはやってみたい(素直さ!)、まずやってみます!

まとめ

個人的に、この勉強会のすごいところは、名方さんご自身がトップセールスの営業として現役だということだと思います。
セミナーとかワークショップって「先生」が開催していることも多いと思いますが、名方さんは現役だからこそのお話が聞ける、そんな素晴らしさがあると思います。
勉強会の理念も素晴らしく、だからこそリピーターも多い勉強会になっているんだと感じました。

「営業マン」とはなっていますが、社会人として必要なエッセンスがたくさん詰まったこの勉強会。
たくさんのものを持ち帰れることと思いますので、ぜひ公式サイトをご覧になってください。

公式サイトはこちら。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村参加中。 是非応援クリックお願いします!

イベントレポートカテゴリの最新記事