JR東日本の駅ナカ×シェアオフィス「Station Work」体験レポ


JR東日本が駅で行っているステーションワークというコワーキングスペースを体験してきました。

実は無料体験期間は今日まで。私が体験したのは…サービスが始まった12月だったんですけれども今日までブログにレポートしていませんでした。

今更感がかなりあるんですか…とりあえず記録するのが大事ですよね!

新宿ブースのレビュー

今回は新宿駅構内にあるステーションワークを利用してきました。こちらのブースは新宿駅甲州街道口入ってすぐ(外から入ると左手側)にあります。

ブースはかなりコンパクト。なんというか、電話ボックスのちょっと大きなやつといったところです。(もうちょっとアレな例えだと、個室トイレみたいな…)

4つ並んでいて緑色のものは企業ブース、オレンジのものは個人ブースのようです。私は個人ブースを使いました。


予約して利用しました。中に入るにはQRコード読み取りで、読み取ると鍵が開きます。

中に入るとほぼ立つスペースはなく、すぐに椅子です。椅子は割と広いです。


扉は磨りガラス?半透明みたいな感じで中に人がいるかはわかるような感じです。
中に入っていると、外の改札機の音や行き交う人の足音はそれなりに聞こえます。
密閉された空間ではないので、あまり大声で電話とかはやりにくい感じかもしれないですね。

入室した時と退室5分前、退室時間にアナウンスが流れていました。

Lenovoのディスプレイが備え付けられていて、HDMIケーブルで手持ちのPCと接続が可能です。(時間が接続まではやりませんでした)


食事はダメだけど飲み物はokみたいですね。扉のついた密室空間なこともあり、点検とか掃除とか大変そうだなあ。

気になったこと

スタッフはどうするんだろう

今は実験中ということで、外にずっとスタッフの方が立っているのがまず気になりました。
赤羽の無人キオスクでもそうでしたがここに人を立たせているだけで人件費かかりますよね。まあ、正式サービスになったら違うと思うんですが、人のてをかけずにどうやって展開するのか、気になります。

なんだか場所が落ち着かない

ブースの狭さというより、取ってつけたような設置箇所が落ち着かないです。入るのがちょっと恥ずかしい感じ。オープンブースでいいから、ちょっと座れて、コーヒーがのめて、みたいな方が嬉しいかな。新宿駅の甲州街道、新南口の改札構内って、コンビニもなくてちょっと不便なので。

寒いかも?暑いかも?

仮設っぽい場所なので、空調はどうなのかなあと思いました。私が利用した時は12月で寒い日ではなかったので使いませんでしたが、暖房器具が、足元に付いていたようです。夏なんかは駅構内も暑いですよね…

まとめ

感想は無料なら使う。有料なら微妙かなぁ。というのが正直なところでした。

予約システムは悪くなかったです。が、仕様で最長でも30分。今回最短の15分で利用したこともありますが、せっかくの個室だけど、ちょっとメールを見て返信して、ちょっと電話してそれで終わってしまいました。
仕事をするというなら、やはりもう少し落ち着いた場で、ゆっくりやりたいかなという感じ。
このステーションブースのコンセプトは乗り換え時間にちょっと、なのだと思うのでこんな感じなのかもしれません。

というわけで、今更、しかもいろいろ書いちゃいましたが、すごく需要あるサービスだと思うので、良いものが展開されたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ

モノ・コト体験カテゴリの最新記事