ビスタプリントで「フルフラットフォトブック」を作ってみた!のレビュー


先日の北海道鶴居村旅行。(記事はこちら その1 その2 その3

せっかくの撮影旅行だったので、写真を何か形に残したいと思い、フォトブックを作ることにしました。
これまで作ったことのあるフォトブックはTOLOTの500円フォトブック(レビューはこちら

TOLOTはサイズがB6までだし、スマホでしか編集ができないようだったので、ある程度レイアウトも編集できるフォトブック、サイズはA5で探し、
今回はビスタプリントで作ってみることにしました。

ビスタプリント「フルフラットフォトブック」

フォトブックってかなり色々なサービスが展開されていますね。
調べるとワンコイン以下で作ることのできるフォトブックもあるんだとか。

ビスタプリントに決めたのは、フルフラットフォトブックがつくれるけれど、価格がそれほど高くないから。
というのも、せっかくの北海道の写真、見開きで画面いっぱいに印刷したい!

しかし、無線綴じと言われる普通の製本だと、本を見開きにした時の綴じ部付近が見にくくなるんですよね。
(印刷用語で「ノド」っていうらしい)

だからフラットになるのがいいなーと思って選びました。(合紙綴じというそうです)


こんな感じです。

初めて作ってみましたけれど、一言で言えば高級感あります!
表紙はハードカバーで、厚みがあり、本文は紙を張り合わせて1枚にしているせいか、1ページ1ページ厚みがあって、本の作りの良さを感じますね。
何だろう、絵本みたいです。作りも頑丈でキチッとしています。

本文の表面は微妙につやありだと思います。
一応、公式にはマット仕上げになっています。(光沢仕上げはビスタプリントでは現在未対応)

そして、表紙はかなりピカピカしてます。
これは好みが分かれるかもしれないですね。

編集ソフト

編集ソフトはダウンロードして使います。WIN MAC対応でした。
ブラウザでの編集もできそうなんですが、ソフトを使う場合、ユーザー登録しなくてもまず配置してみることができたので、
私はソフトを使いました。

ページごとの写真レイアウトを選択後も、写真枠の比率も任意に変えられます。
これが写真重視で作るときに重要なんです。

既存のレイアウトを使いたいんだけど、写真の大きさや比率をちょっとだけいじりたい・・っていうときに微妙に修正できるんです。
自分としては、シンプルでありながらも細部を追い込んで作りたいほうですので。

編集が完了した段階でようやくユーザー登録→注文という流れでしたので、お試ししてみるのもあるかも。

ちなみに、編集作業は個人的には時間がかかりました。
というのも、当初TOLOTの64ページフォトブックにしようと思って1700枚くらい撮影した鶴居村写真から、85枚ほどをセレクトしたんですね。

その後やっぱりビスタプリントだよね、となって、そうなると、デフォルトが24ページ。
1ページに無制限に配置できるとはいえ、あまり小さいのは微妙だし、、とか色々考えているうちに、かなり時間かかりました。
多分3時間くらいはうーん、って悩んでいたんじゃないかなあと思います。

気になる価格は


こんな感じです。クーポンを使って全部で3888円でした。
24ページ2980円では収まらず、2ページ追加の28ページ。
配送は宅配便のみで、一律500円のようです。
(お急ぎの配送は別途料金)

11/13に届くと書いてありますが、実際は11/5に注文して、なんと、11/9に来ました。
段ボールの箱に入って届きました。
割と簡易包装です。

これは楽しい!


実際に本になると嬉しいですね!
誰かに見せる時にもデータよりも味わいがある気がします。
また旅行に行った際にはフォトブック、作っていこうと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村参加中。 是非応援クリックお願いします!

買ったものカテゴリの最新記事